PAGE TOP

第6回SAGE JAPAN CUP 高校紹介

【第6回SAGE JAPAN CUPに出場するチームの紹介!!】
チーム・高校名をクリックすると各校のアニュアルレポートを見ることができます

1.Permute 豊南高等学校【部活メニューアプリ】
近年ブラック学校と呼ばれるほどに深刻化している学校の現場において、部活動に着目。
部活のメニューを学校間でシェアすることで、学校の先生の負担を削減するアプリを開発します。

2.The Hungry 文京学院大学女子高等学校【保冷剤で作る消臭剤】
冷蔵庫に余っている保冷剤に着目し、保冷剤を消臭剤に作り変えることで新たな活用方法を考案します。
“いらない保冷剤から”“新しいモノ”を創造し、支援活動を提案します。

3.捨我精進 田園調布学園高等部【ユニバーサルデザインのネクタイ】
性的マイノリティを含む個性の表現の自由化を目的としたプロジェクトに取り組みます。身近な制服に着目し、
ユニバーサルデザインのリボンタイの開発を提案します。

4.if 国際高等学校【Ring Project by team if】
ボルネオの森林伐採、日本の林業衰退。これらの問題には、「消費者の意識」が根底にある。
国産材定期入れ販売と、ワークショップを通して、責任ある消費の「輪-ring-」を広げ続けています。

5.CHS 千早高等学校【服シェアリング】
訪日インバウンド増加に伴い、空港に放置されていくスーツケースの増加に着目し、
服シェアリングによる荷物削減からスーツケース減少に貢献していきます。

6.Yゲ―ムス 山崎高等学校【フードドライブ料理教室】
飢餓とフードロスの問題から、この両方を改善するため、フードドライブで得た食材や
廃棄される野菜を利用して、安価で気軽に行ける料理教室を開きます。

7.HALU 両国高等学校【スリープボックス】
被災地における睡眠の質の低下に着目し、顔を覆う形のスリープボックスという商品を考案しました。
防音、プライベート空間の確保、安全性の高さを実現していきます。